関西歴史事件簿

菅原道真の左遷(中) 陰謀で大宰府に左遷され「非業の死」…宮中で相次ぐ不審死に道真の「怨霊」説浮上

 政治の主導権をかけてキャリア官僚、菅原道真と摂関家の御曹司、藤原時平との戦いがし烈さを増す平安宮廷内でもうひとつの争いが表面化してきた。醍醐天皇と父・宇多(うだ)上皇との確執である。当初は上皇のなすがままだった天皇も上皇や道真の中央集権的なやり方に不満を持つ。そんな親子の心の隙間を政治巧者の時平が見逃すはずがない。ついに道真左遷計画は実行される。

中央集権と地方分権

 今なら中学校に入学したばかりの年齢で皇位に就いた醍醐天皇である。政治的判断を求められてもそれは無理というもの。そこで父の上皇が後見人として発言力を持ち続けたことは間違いない。

 阿衡(あこう)事件以来、大のフジワラ嫌いの上皇のお気に入りといえば、菅原道真である。事あるごとにお互い相談を持ちかけるほどの信頼ぶりで、藤原外しを狙って、2人は政治権力を天皇に集中させるための制度づくりを急いでいた。

 だが、中央集権による行財政改革が進むと、地方役所で職を失う役人も数多く出る。学者肌の道真の政治手法は情に欠けていたともいわれ、多くの貴族らの反発を買った。

 一方、道真の政敵、時平は政治家としては一流でも叔父の妻を略奪するなどの素行の悪さで周囲の人気も今ひとつだったが、この機に乗じて反対派の中で圧倒的な存在感をみせたことだろう。

 常日頃から藤原氏との連携と政治の安定を望んだという天皇も父・上皇に反対したとされる。これは、病弱な天皇が時平の口車に乗ったとの説もあるが、天皇との確執が決定的となり、ますます孤立化することになった上皇と道真。

会員限定記事会員サービス詳細