「多民族国家」理念を体現するドイツサッカー界 いかに人種差別と戦ったか

 かつて白人しかいなかったサッカードイツ代表チームは、気づけば国際色豊かな多民族チームへと変貌していた。その背景には国策の大転換があった。そして、それによって国民意識にも大きな変革がもたらされた。しかし、それでも差別はなくならない。「多民族国家ドイツ」の理念を体現するサッカー界は、サポーターとともにいかに人種差別と戦い続けてきたか。そして戦い続けているか。Jリーグ史上初の無観客試合を前にリポートする。

Fingerhut / Shutterstock.com

ドイツでは、現在「Respekt! Kein Platz für Rassismus (リスペクト!人種差別に居場所はない)」と呼ばれるキャンペーンが展開されている。これは、フランクフルトの広告代理店主ローター・ルドルフと息子のクリス・ルドルフが、地元のサッカー誌『ZICO』と協力して2006年にはじめた、人種差別、差別待遇、社会における不寛容に対する撲滅運動を基盤としている。ドイツサッカー界が本腰を入れて、この撲滅運動に乗り出した背景には、主にブンデスリーガ4部以下のアマチュアリーグでの観客による選手への侮辱行為や脅しがあった。直接のきっかけは06年のとある事件だ。

4部リーグFCザクセン・ライプツィヒのナイジェリア系ドイツ人キーパー、アデヴォバレ・オグンクブレは、敵チームのファンから猿まねや罵声などの悪態を受けていた。06年3月25日のライヴァルチームFCハレとの一戦。オグンクブレは、自分を馬鹿にしたFCハレのファンに対し怒りを爆発させ、ナチス式敬礼をすることで侮辱に応えたが、試合後にFCハレのファンに殴打され、首を絞められる暴行にあう。オグンクブレの元チームメートは、彼の友人で、当時はアイントラハト・フランクフルトでキャプテンを務めていたジャーメイン・ジョーンズ(現ベシクタシュJK所属/アメリカ合衆国代表)に、FCザクセン・ファンが始めた「ぼくらもアデとともに」という活動に対する支援を願い出た。

そこでジョーンズは、雑誌『ZICO』が行なっていた上記のキャンペーン「Kein Platz für Rassismus」を知り、この運動を全国区で広めようと活動を開始する。オグンクブレの支援を求めて起こった動きは、フランクフルトのローカルキャンペーンと結びつくことで、大きな運動となっていった。そこに元ドイツ女子代表でドイツサッカー協会スーパーヴァイザーのシュテフィ・ジョーンズが目をつけ、彼女の主導によって「Respekt!」キャンペーンがつくられていったのである。

現在、この看板はドイツ全土の200に及ぶスタジアム/サッカー場に貼り出されており、IG Metall(ドイツで200万人以上の組合員が加盟する世界最大の労働組合)がスポンサーとなり、人種問題だけでなく、宗教や性的志向、障害者など、マイノリティに対する差別撲滅をテーマとした雑誌を出版するほか、動画配信なども行っている。

ドイツサッカーにおける差別の問題は、現在はさほど顕在化していない。これは、不断の啓蒙活動の結果とも言える。ドイツはいまや英国やフランスと肩を並べるほどの多民族国家へと様変わりしている。1990年代以前のドイツ代表を思い出してほしい。チームはほとんど白人選手だった。ところが、00年あたりを境にして多民族チームへと変貌を遂げ、いまやドイツ代表チームは、移民国家ドイツの象徴ともいえるものとなっている。

例えばミロスラフ・クローゼやルーカス・ポドルスキ。どちらもポーランド系移民だ。ポドルスキはドイツに移り住んでからも家庭内ではポーランド語、学校ではドイツ語を話して成長した。現在も彼は、ポーランドのサッカー番組にも出演するし、生まれ故郷のクラブ、グールニク・ザブジェのファンであることを公言している。あるいはベルリン出身で、異母兄弟ではありながら、ほぼ毎日のように電話するほど仲がいいボアテング兄弟。兄ケビン・プリンス・ボアテングは父の故郷であるガーナの代表チームを選び、弟ジェローム・ボアテングは母方の故郷ドイツで代表選手となることを選んだ。さらに、チュニジア人の父とドイツ人の母をもつサミ・ケディラ、トルコ系移民三世のメスト・エジル等々。移民抜きでドイツ代表を語ることは、もはやできない状況だ。

会員限定記事会員サービス詳細