ブラジル人労働者、現場から消えた 群馬県1割減、浜松市はピーク時の半数

 ■サッカーW杯、五輪需要で帰国

 アベノミクス効果などで国内の外国人労働者が増えるなか、長らく製造業の現場を担ってきたブラジル人労働者が国内から急速に姿を消している。群馬県で前年より1割以上も減少しているほか、浜松市でもピーク時の半数以下になった。サッカーW杯やリオデジャネイロ五輪に向けて、母国での労働需要が高まっており、出稼ぎ労働者の帰国が相次いでいるようだ。

 富士重工業の企業城下町の群馬県。同県大泉町とその周辺には富士重に部品を納入する関連会社などがひしめく。町内にはブラジル人労働者が多く、ブラジルタウンがあるほどだ。

 だが、群馬労働局が1月31日に発表した昨年10月の外国人労働者数は前年同期比で2.5%減の1万7709人になった。国全体では5.1%増えているなか、群馬では集計を始めた平成20年以降で初めて減少に転じた。全体の3割超を占めるブラジル人が10.5%減ったことが主要因だ。

 富士重では「アベノミクス効果もあって、県内では労働者の奪い合いになっている」としながらも、大きな影響はないと説明する。ただ、取引先企業からは「人手が限られるなかで、ブラジル人労働者が減っているのは痛い」との声もある。

 浜松市も同様だ。公益財団法人「浜松国際交流協会」によると、浜松市のブラジル人登録者数は、平成19年度末には1万9461人だったが、24年度末には1万人を割り込み、今年初めの時点で9149人と半数以下に減少。埼玉県でも18年末に1万4000人超だったブラジル人が24年末には8000人余りにまで減った。

会員限定記事会員サービス詳細