チンパンジーに「人」としての法的人格? 米で問題の裁判が話題に

 アメリカの3つの裁判で、チンパンジーに自由権のような基本的権利を認めるよう訴えが行われている。

“Chimpanzees” BY HellebardiusCC:BY-NC-SA 2.0

 生存権、自由権、幸福権が、肌の色や宗教、性別によって決まるということがありうるだろうか? 今日、わたしたちにとって答えは明らかだ。断じて「ノー」である。それなら同じことが、属している種についてもいえないだろうか?

 このような疑問を、弁護士で「非人間権利プロジェクト(Nonhuman Rights Project)」の代表であるスティーヴ・ワイズは、アメリカの裁判官たちに投げかけることを決めた。彼が世話しているアメリカ在住の4匹のチンパンジーに、「人」として法的人格が認められる権利を求めたのだ。

 数日前に、ワイズと彼のグループのほかのメンバーは、アメリカの3つの裁判所で3つの訴訟を起こした(訳注:同プロジェクトの3つの訴えはは10日、すべて退けられたが、上訴することを発表している)。

会員限定記事会員サービス詳細