再び、拉致を追う 第10部 明日への提言(中)

めぐみさん事件「情報はゴミ箱に捨てられた」

 韓国の情報機関、国家安全企画部の幹部は1995(平成7)年初頭、自分のもとに入った情報に耳を疑った。

 「北朝鮮が日本人の女子中学生を拉致している」

 後に横田めぐみさん=拉致当時(13)=と判明する少女に関する情報だった。「拉致実行は77年か78年。少女は双子。バドミントンを所持している」。幹部は日本の警察庁に非公式に伝えた。だが、日本が動き出した様子はなかった。「情報はゴミ箱に捨てられたと思った」。幹部はこう振り返る。

 平成7年6月。大阪の朝日放送プロデューサーだった石高健次氏はソウルでこの拉致情報を入手した。北朝鮮工作員、辛光洙(シン・グァンス)容疑者(84)=国外移送目的略取容疑で国際手配=による原敕晁(ただあき)さん=拉致当時(43)=の拉致事件を取材している途中だった。

 石高氏は原さん拉致事件の現場の宮崎県など九州をしらみつぶしに調べたが、少女の情報に行き着けなかった。報道すべきなのか。石高氏は迷ったという。