日本と同じはイヤ? 韓国標準時の変更を 与党議員が発議「日本帝国主義時代の残りかす」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本と同じはイヤ? 韓国標準時の変更を 与党議員が発議「日本帝国主義時代の残りかす」

 【ソウル=加藤達也】韓国与党セヌリ党の国会議員、趙(チョ)明哲(ミョンチョル)氏は21日、現在日本の標準時にあわせている韓国の標準時を30分遅らせ、韓国固有の標準時に変更する「標準時に関する法律」の改正案を発議した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 現在、韓国の標準時は日本の標準子午線の東経135度を基準とするが、改正法案では、これを韓国の国土の中心を通る東経127.5度に変えるとしている。

 趙氏は「日本帝国主義の残りかす(である現在の標準時)から抜け出す機会だ」と主張。「領土主義と歴史を再度、確立して失った時間を取り戻し、国家のアイデンティティーと国民の自尊心を取り戻さなければならない」と訴えた。

 韓国は1908年に127.5度を標準子午線に制定。日本統治時代の12年に日本標準時に統一され、1954年に再び127.5度に戻されたが、61年に再び135度に変更した。