韓国の水産物輸入禁止、群馬県も対象 「海ないのに」困惑の声

 東京電力福島第1原発の汚染水漏洩(ろうえい)問題を理由に、韓国政府が群馬県など8県の水産物輸入を全面的に禁止すると発表した。取材に対して県蚕糸園芸課は6日、「現在、県産水産物の韓国への輸出はなく、ただちに影響はない」と説明している。

 しかし、突然の名指しに海なし県の県関係者からは戸惑いや疑問の声があがっている。

 そもそも群馬県は太平洋に面しておらず、福島第1原発の汚染水による直接の影響は考えにくい。それでも韓国が群馬県を輸入禁止対象に含めたことに、同課の担当者は「どうしてそうなったのか全くわからない」と戸惑いをみせた。

 群馬漁業協同組合の関係者も「群馬とか栃木とか海に面していない県が入っているのはなぜだろう」と当惑していた。

 韓国が輸入禁止を発表したことで、風評被害の発生も懸念されるが、県担当者は「今後状況を見守っていきたい。風評被害が発生すれば対応を考えていきたい」と話した。

・検査は信用できない! 韓国「放射能恐怖」あおるのは…

会員限定記事会員サービス詳細