【きょうの人】三宅由佳莉さん(26)CDデビューする自衛官 「音楽を通し海自に親しみ感じて」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

きょうの人

三宅由佳莉さん(26)CDデビューする自衛官 「音楽を通し海自に親しみ感じて」

 海上自衛隊東京音楽隊のボーカリスト。全国に自衛官は23万人いるが、専属の「歌手」はただ1人だ。自衛隊の式典やさまざまなイベントで歌を披露している。

 28日に発売されるCD「祈り~未来への歌声」は、オリジナル曲「祈り~a prayer」のほか「花は咲く」「ふるさと」「アメイジング・グレイス」など12曲を収めている。

 「大勢の人に向けて歌うコンサートとは表現のニュアンスを変えて、近くにいる人に語りかけるようにして歌いました」

 岡山県出身。大学で声楽を学び、平成21年にたった1人の「声楽枠」を勝ち取って入隊した。待ち受けていたのは約5カ月間の教育訓練。走って泳ぎ、カッターボートをこぐ。その繰り返し。外部の友人や家族に電話することもできず、肉体的にも精神的にもつらい日々を送った。

 訓練に明け暮れ、歌のことも忘れていたある日、思いがけず仲間約60人の前で「翼をください」を歌う機会があった。最初は和やかな雰囲気だった。だが、次第に仲間たちの間からおえつが漏れた。

 「歌い終わったら、『ありがとう』って感謝されました」。つらいのは自分だけではないと気づき、「歌で人を勇気づけることができる」と知った瞬間だった。アルバムには、思い出深い「翼を-」も収録されている。

 普段は音楽隊の一員として練習に励むだけでなく、企画係としてデスクワークをこなし、公演の台本や進行表を作成している。「音楽を通して海自に親しみを感じてもらう、理解してもらう。そのために今という時間を大切にしたい」。自衛官として歌う誇りが、歌声に一層の輝きを与えている。

(櫛田寿宏)