河内幻視行

凄惨、内臓引き出し顔の皮剥ぐ…「河内十人斬り」なぜ起きたのか

 捜索の前線基地は、富田林署であった。署長のお抱え車夫に岩井梅吉という、音頭好きの男がいた。梅吉の目撃談をもとに「河内十人斬り」が作られた。道頓堀の演芸場で演じられ、大ヒットとなった。『告白』によると、

 「斬り刻んでも飽きたらんちゅうのはおまえのこっちゃ。こなしてくれるわ、エイッ」

 というくだりになると、ヤンヤの大喝采があがったという。   

(福嶋敏雄)

会員限定記事会員サービス詳細