ひなちゃんパパの家族レシピ

シジミのカレースープ

「ウナギの値段が高くなってしまって、土用の丑の日はどうしようかしら?」

ママがため息をつきながら、こぼしました。土用の丑は今月22日。わっ!!給料日前なんですね。

「今年はシジミを使ったお料理でスタミナ補給するのはいかが? 『土用シジミ』といって、夏が旬のシジミは、ウナギに負けないくらい栄養がたっぷり詰まっているのよ」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生は、こう教えてくれました。ママはみそ汁にすることが多いから、僕は洋風のスープにしてみよう。

まずは、シジミの砂出しから。多く出回っているヤマトシジミの場合は1%の塩水に漬けます。250ccの水に、塩を小さじ1/2杯加え混ぜました。底の平らなバットにシジミを重ならないように広げ、塩水を注ぎ入れます。完全に漬けてしまわず、水面に少し殻の頭が出るくらいで。上から新聞紙をかぶせて暗くして、2、3時間おけばOK。

ちなみに、淡水シジミの場合は塩水でなく、真水に漬けるそうです。

刻んだタマネギとショウガをバターで炒めてカレー粉で風味付けし、シジミと水を加え、シジミの口が開くまで軽く煮ました。

「ここで味を見て、少し足りなかったら、顆粒(かりゅう)コンソメを少量加えて調整してね」と江上先生。