話の肖像画

ブロードウェー・プロデューサー 川名康浩(52)(5)「観客を裏切る」は「自分を裏切る」

仕事上は日本人という意識はなく、「ニューヨーカーのヤス・カワナ」です。僕の愛するミュージカルがブロードウェーに集まっているから、そこで仕事をしています。劇場が40軒あって、毎晩5万人以上の人がショーを見られる場所なんて、地球上であそこだけ。そこに才能が集まって、それを使い放題なんですから。

〈ミュージカルを愛する気持ちは、誰にも負けない自負がある〉

僕はブロードウェーで、「誰よりも演劇が好きだ」という演劇人のプライドだけで闘ってきました。そこでしか勝負できないから。英語は彼らよりしゃべれない。でもあなたたちより自分は芝居を、ミュージカルを愛している。

ミュージカルって言葉は、ほぼミュージックですよね。「キンキー」も、シンディー(・ローパー)の音楽の素晴らしさもあってトニー賞を受賞できたと思いますが、それは音楽の持つ人の心を揺さぶり、熱くする力だと思います。

でも音楽だけならCDでもコンサートでも楽しめる。そこに芝居もダンスも付いて、衣装やセットも照明も楽しめて、メッセージもあって…こんな素晴らしい娯楽はないと思う。そのどれ一つ欠けても、またどれ一つ手を抜いてもうまくいかない。お互いの才能を信じ、尊敬しあうチームワークの産物ですから、人間のコミュニティーとしても素晴らしい。

会員限定記事会員サービス詳細