【古代天皇誌】仁賢天皇 後継の兄は石上広高宮で即位 (1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

古代天皇誌

仁賢天皇 後継の兄は石上広高宮で即位

 仁賢天皇については、『日本書紀』の記事はわずかしか書かれていません。前回の顕宗天皇=弘計(をけ)=の同母兄にあたる、億計(おけ)王です。2人の王の父が雄略天皇に殺されたために逃亡し、播磨国の縮見(しじみ)の屯倉(みやけ)にいるところを見つけられたという話は前回述べました。

 顕宗朝には、億計王は皇太子の地位にあったと『日本書紀』には書かれています。この時代、皇太子という制度がなかったのですが、次の皇位を継承する立場にあったと思われます。弟の天皇が死去しましたので、石上(いそのかみ)広高宮(ひろたかのみや)で即位しました。石上と言いますから、天理市の石上のあたりだと思われますが、正確な場所はわかりません。