星野源、再び活動休止 くも膜下出血再発防止のため治療

 昨年12月にくも膜下出血の手術を受け、今年2月に仕事復帰した俳優兼シンガー・ソングライター、星野源(32)が24日、HPで再び活動を休止することを発表した。()

 先週の定期検診で手術した頭部が万全な状態ではないことが判明。現在、普通に生活しているが、再発防止のための治療が必要と診断され、当面活動を休止することになった。そのため、この日、都内で行われた主演映画「箱入り息子の恋」のトークイベントを欠席した。

 月曜担当のJ-WAVE「RADIPEDIA」は今後、代役を立て、同日深夜放送の同番組で「残念で悔しいですが、しっかり治して万全な状態でみんなとまた、お会いできれば」と復帰を誓う収録コメントを寄せた。

 NHK FM「星野源のラディカルアワー」は収録済みの28日放送で終了する。29日のビルボードライブ東京公演は中止、7月19日の東京・日本武道館公演は延期する。