あなたの通話や通信を傍受されないための方法

 米国家安全保障局(NSA)がネットから個人データを収集し、携帯キャリアから膨大な量の通話記録を提出させていると報道されている。携帯での通話や電子メール、チャット、面と向かっての会話を傍受されないようにするための対策はあるのだろうか。

ジョージア州にある陸軍基地「フォート・ゴードン」で撮影。Photo: US Army

 あなたが行っているプライヴェートな会話は、それほどプライヴェートなものではない。米国家安全保障局(NSA)はネット大手企業のサーヴァーに直接アクセスして個人データを収集(日本語版記事)し、携帯キャリアに膨大な量の通話記録を提出させている(日本語版記事)と報道されている。

 さらに現行法は、電子メールが少なくとも6カ月間クラウドに保存されている場合、警察が令状なく直接アクセスすることを認めている。

 あなたの会話は、誰かがどこかで聞いたり読んだりする可能性があるのだ。あなたが政府については心配していないとしても、悪意あるハッカーがあなたの個人情報をすべてネット上にさらす可能性もある(あなたを問題だと感じたり、重要だと感じたり、あるいは単に楽しみのために)。

 この状況と闘うことはできるが、簡単なことではない。以下、傍受されないための方法を紹介しよう。

携帯電話

 誰に、どれくらいの頻度で電話をかけているかというデータを政府はすでに収集しているというのだから、自分の携帯電話を使えないのは明らかだ。通話を傍受される可能性を低くするためには「使い捨て」携帯に投資する必要がある。

 TVドラマ「THE WIRE」を見た人なら誰でも知っている通り、そうした安価な使い捨てタイプの携帯は、ほとんどの電気屋や、一部のコンヴィニエンスストアで購入できる。特にパラノ……いや、注意深い人は、購入のときにはクレジットカードでなく現金を使い、同じ店では一度しか購入しないようにしよう。

 もちろん、あなたが電話をかける相手も使い捨て電話を使う必要がある。相手が普通の電話を使っていて傍受されたら、それまでの苦労も水の泡だ。

電子メール

 「Gmail」やその他のオンラインサーヴィスで使い捨てアカウントを簡単に取得できるが、これを使うだけでは不十分だ。送られた電子メールのIPアドレスを追跡することで、法執行機関はもちろん、多少なりとも技術が分かる人なら、電子メールの送信元を特定できる。NSAレヴェルの権限がなくても、あなたが黒いヘリコプターやら新世界秩序やらについて国連やホワイトハウスに対して送った、あらゆる電子メールの出所を追跡できるのだ。

 自分の身元を本気で、しかも効果的に隠したいなら、匿名化ツール「Tor」を使うしかない。Torは政府の通信を保護する目的で、米海軍が開発したシステムだ。インターネット・サーヴィス・プロヴァイダー(ISP)やその他のもっと邪悪な組織が追跡できない、ヴァーチャルトンネルのネットワークをつくりだす仕組みになっている(日本語版記事)。

 ただし、その場合でもGmailを使うのはやめたほうがいい。「Hushmail」の安全な電子メールサーヴィスを利用しよう。Hushmailには「OpenPGP」等の素晴らしいセキュリティー機能があり、今週末の湖でのパーティについて友人宛てに送信した電子メールもすべて暗号化してくれる。

 そして最後に、Torやウェブベースの電子メールを使っているときは、添付文書は絶対に開かず、「Flash」や「Quicktime」は無効にし、ブラウザー用プラグインも無効化するかインストールしないことだ。これらはすべてあなたの位置を明らかにする可能性がある。

 当然ながらこれも電話での通話と同じで、友人もTorやHushmailの匿名メールアカウントを使い始めないと意味がない。友人には、あなたは実はスーパースパイであるとか、映画『エネミー・オブ・アメリカ』の主人公のような状況にあるとか言っておこう。

会員限定記事会員サービス詳細