京都・先斗町の由来は… ポルトガル伝来「カルタ賭博」? 元銀行員が新解釈

 京都の花街「先斗町(ぽんとちょう)」(京都市中京区)の町名の由来をめぐり、大阪の元銀行員(63)が試みた新解釈が注目を集めている。「先端」を意味するポルトガル語の「ポント」に由来するとした通説の妥当性を検証した上で「ポルトガル伝来のカルタ賭博の用語が由来」とする仮説で、専門家も「しっかりした内容の研究で興味深い」と評価している。

 新解釈を打ち立てたのは、大阪府千早赤阪村の元銀行員、杉本重雄さん(63)。計19年間の海外赴任などでポルトガル語やスペイン語に精通し、大手出版社の辞書の編纂(へんさん)に携わった経験もある。

 先斗町の名は江戸時代に定着したとみられ、「先端を意味するポルトガル語のポントにちなむ」とした説が有力。広辞苑など多くの辞典や解説本などに採用されている。ほかにも、鴨川と高瀬川の2つの川(皮)に挟まれているのを鼓にたとえ、鼓の「ポン」という音が町名になったとの説などがある。

 しかし、「先端」を意味するポルトガル語は「PONTA(ポンタ)」にもかかわらず、なぜ「PONTO(ポント)」なのか、なぜ「先斗」という漢字があてられたのかなど、様々な謎が残されている。

会員限定記事会員サービス詳細