ひなちゃんパパの家族レシピ

グリーンピースのちまき風おこわ

今日はこどもの日です。ここはパパの腕の見せどころ。ひなちゃんのために腕を振るおうと思います。

「柏餅やちまきは手作りをしようと思ったら、ちょっとハードルが高いわ。食事になる、ちまき風のおこわはいかが?」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が良いアイデアをくれました。

まず、洗ったもち米は約3時間、水に漬けました。こうして、しっかりと水に浸しておかないと、炊いたときに芯が残ってしまうそうです。

今回の主役はグリーンピースです。季節を問わず、冷凍や缶詰でおなじみですが、生のものは4~6月しか出回らない、まさに春の味覚なんですね。

炊飯器に水切りしたもち米、グリーンピース、鶏肉を入れ、水と調味料を加えて、スイッチを入れました。おしょうゆで和風に仕上げます。蒸らす段階で、刻んだパプリカを加えて、炊き上がったら軽く全体を混ぜ、おにぎりのように俵形にしていきます。

「ラップを使って『キャンディー包み』にすると簡単よ」と江上先生。

広げたラップにおこわをのせてくるりと包み、両端をきゅっとねじります。確かに大きなキャンディーみたいですね。1個ずつ、この要領で形作って、ハランにのせました。