樹木希林、元オセロ・中島知子から謝罪の手紙届くも内容に失望

 女優、樹木希林(70)が3日、大阪市内で関西テレビ「家族が別れるとき」(11日前10・50)の収録に参加し、2、3日前に元オセロの中島知子(41)から謝罪の手紙が届いたことを明かした。()

 手紙は便箋1枚半に直筆で書かれていたが、「人に書けといわれて書いた感じ。自分の中から出てきた言葉ではなく、ひな型通り」とバッサリ。中島に変化が見られないため、返事は書かないと断言した。

 「ご迷惑を掛けましたというだけ。相手が変わったと思えないので、返事は書きません。1行の言葉でも、その人の今の状況が見える。変化がないときに私の存在は必要ない」と突き放した。その表情から、失望の色がのぞいていた。

 樹木は、中島が家賃滞納していた東京・渋谷のマンションの大家が、娘婿の俳優、本木雅弘(47)であることから、本木側のスポークスマン的存在だった。

 中島が、3月に出演したテレビで謝罪の意向を示した際は「この後(中島が)どう生きるかで見えてくるもの」と発言。その約1カ月後に届いた手紙に落胆したようだ。

 「誰でもけつまずいたときに、それが肥やしにならないと。それが人前に出る人間の責任。(今の中島は)元のまんまという感じじゃないですか」。中島が、樹木を納得させる日は来るのだろうか…。

会員限定記事会員サービス詳細