グーグルの最高幹部らが使用、自家用「航空ターミナル」を建設

 サンノゼ国際空港に、グーグルの最高幹部らが使用するための「私有ターミナル」が8%2C200万ドルで建設されることになった。

8%2C200万ドルで建設が計画されている「私有ターミナル」完成予想図。Images:Signature Flight Support

 サンノゼ市議会で4月16日(米国時間)、一般にはほとんど知られていない提案が可決された。その内容は、テクノロジー業界の幹部に対して史上最大の特典のひとつを与えることに道(滑走路)を拓くものだ。その特典とは「ターミナルG」だ。

 グーグルの3名の最高幹部は、すでに自家用ジェットとしてボーイング757とボーイング767を持っている。だが今度は、サンノゼ国際空港内に「自家用ターミナル」を持ち、庶民が誰もいない快適な施設で自家用ジェットを利用できるようになる。

 空港西側の約12万平方メートルにおよぶ開発区域は、グーグル幹部だけのプライヴェイトな空間になるわけではなく、他の私有ジェット所有者も利用できるようになる。だが、ラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン、そして最近北朝鮮を訪問して話題になったエリック・シュミットが、とりわけ著名な常連客になるのは間違いない。

 サンノゼ市議会は、Signature Flight Support社と50年のリース契約を結ぶという提案を、10対1で可決した。同社は、政府や軍の関係者、および自家用機を持つ個人の空の旅をサポートする富裕層向けサーヴィスを提供している企業だ。

 この契約により、8%2C200万ドルの施設がBlue City Holdings社との提携で建設される。空港のプレス・リリースによれば、Blue City Holdings社はカリフォルニア州のマウンテンヴューに本拠を置く企業で、「グーグルの最高幹部らが個人所有する飛行機を管理している」という。