岡田敏一のエンタメよもやま話

検閲大国・中国に屈する悲しきハリウッド…「世界2位の映画市場」札束で頬を叩かれ

 今回の「アイアンマン3」、中国市場への本格進出を狙うハリウッドが編み出した検閲破りのための究極の奇策ともいえそうですが、個人的には中国に媚びを売り過ぎだと思います。こんなことばかりしていては、今後、ハリウッドはますます中国に頭が上がらなくなるでしょう…。

(岡田敏一)

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部などを経て現在、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

 ■毎週、日本を含む世界のエンタメの面白情報などをご紹介します。ご意見、ご要望、応援、苦情は toshikazu.okada@sankei.co.jp までどうぞ。

会員限定記事会員サービス詳細