岡田敏一のエンタメよもやま話

検閲大国・中国に屈する悲しきハリウッド…「世界2位の映画市場」札束で頬を叩かれ

さらに中国版では上海の場面をさらに追加するなど中国の観客に配慮した結果、中国で空前の大ヒットを記録しました。

 当初はこの作品、中国でのオープニング週末興行収入が、本国である米国のそれを上回ったと複数の欧米メディアが報じました。ハリウッド映画のオープニング週末興収で、海外が本国を超えた例は過去になかったこともあり、大騒ぎになったのですが、数日後、中国側が、中国元と米ドルをごっちゃにして計算したことで生じた間違いだと判明。中国の映画業界にとってはぬか喜びとなりましたが、それほど高い人気を集めていたのです。

 こういう状況下では「アイアンマン3」が米中合作作品になるのも致し方ない気がしますが、実は今回の米中合作にはもうひとつ、ハリウッドにとって重要な目的があるのです。

バッサリ削除、ウソ字幕…共産党コネあれば全土で上映

 本コラムでも以前、ご紹介させていただきましたが、中国では、国内の映画産業を保護するため、海外の映画には事前検閲を実施し、当局に批判的だったり中国をネガティブにとらえた作品は上映させません。

 そして多くのハリウッド映画が大きな被害を被っています。昨年公開の「メン・イン・ブラック3」では、中国版だけ、エイリアンがニューヨークの中華料理店の店員に化ける場面がしっかりカット。

会員限定記事会員サービス詳細