「アリは地震を予知する」 M2.0発生前に行動変化、ドイツの研究で明らかに

 アリに地震発生を事前に感知する能力があるかもしれないことが、3年間の観察研究から明らかになった。

アカヤマアリ。画像はWikimedia Commons

 アリに地震発生を事前に感知する能力があるかもしれないことが、欧州地球科学連合(EGU)の年次総会で発表された観察結果から明らかになった

デュイスブルク=エッセン大学の地球生物科学者、ガブリエレ・ベルベリッヒは、ドイツの断層ちかくに生息するアカヤマアリ(Formica sanguinea)の活動を3年間記録し、マグニチュード2.0以上の地震が起きる際に、このアリたちに行動の変化があることを発見した。

 このアリたちは通常は日中に活動し、夜は巣の中にいる。けれども地震が起きる前には、アリたちが夜通し巣の外にいることが観察されたのだ。

(次ページ)大気や地球の電磁場の変化を感知できる?

会員限定記事会員サービス詳細