現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

ロシアこそ、日本が必要になる 北海道大学名誉教授・木村汎

北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)
北海道大学名誉教授・木村汎氏(川口良介撮影)

中国の指導者、習近平氏がモスクワを訪れた。国家主席就任後初の外遊先としてロシアを選んだのである。プーチン氏も大統領復帰後、旧ソ連諸国を除くと初訪問したのは北京だった。両首脳が中露関係の親密性を内外に演出しようと欲していることが分かる。

中国は最善の連携国にならず

首脳訪問にそのような機能を持たせる以上、文書を発表しない手はない。プーチン、習両氏が調印した共同声明は、中露両国が互いの「核心的利益」を支持しつつ、「戦略的パートナーシップ」関係を強化してゆくとうたった。

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【産経抄】5月25日

  3. 【正論】中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  4. 【長州正論詳報】「なぜ今、河合栄治郎なのか」湯浅氏が持論

  5. 【浪速風】はじめてのおつかい

  6. 【主張】クアッド首脳会合 「対中抑止」を一歩進めた

  7. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

  8. 【主張】拉致と米大統領 日米の結束で決断を迫れ

  9. 【産経抄】5月24日

  10. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

会員限定記事