あっちゃん映画製作中止! 尖閣きっかけで撮影延期、製作配給会社が破産 - 産経ニュース

メインコンテンツ

あっちゃん映画製作中止! 尖閣きっかけで撮影延期、製作配給会社が破産

 あっちゃんショック! 香港俳優、トニー・レオン(50)と松田翔太(27)、前田敦子(21)の豪華共演で今秋公開予定だった映画「一九○五」(黒沢清監督)が、映画会社の破産により製作中止になったことが25日、分かった。()

 同作は映画製作・配給会社「プレノン・アッシュ」(東京・港区)が企画・製作。昨年11月から日本と台湾で撮影予定だったが、尖閣諸島をめぐる日中関係の悪化により、撮影が延期に。

 中国で出演を非難されたレオンが「まだ正式な契約は交わしていない」と降板の意向を示すなどの影響も出る中、同社は製作資金が続かなくなり、今月20日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債は約6億4300万円という。

 破産決定を受け、共同配給を予定していた松竹がこの日、製作中止を発表。「大きな期待が寄せられていた作品が製作中止となり、残念です」とコメントしている。

 同作は歴史大作「レッドクリフ」などで知られるレオンの日本映画初主演作で、1905年の横浜を舞台にレオン演じる中国人・ヤンと、翔太演じる日本人男性の友情を描く物語。前田はヤンが出会い、ひかれる日本人女性役。海外でも公開予定で、昨年8月にAKB48を卒業した前田の国際女優デビュー作として注目を集めていた。翔太も、ほぼ全編中国語のセリフで新境地に挑む予定だった。