産経ニュース

写真詳細 - 産経ニュース

ニュース 社会

【太陽光発電は人を幸せにするか】(8) 積極誘致姿勢だった佃弘巳前市長の「影」が徘徊する静岡県伊東市

ニュース写真

  • 8月2日に始まった伊豆高原メガソーラーパークの現場事務所の建設工事=8月3日、静岡県伊東市八幡野(三枝玄太郎撮影)
  • 大規模な太陽光発電所が計画されている山林。地元に目立った反対の声はないが、小野達也市長は条例の対象になるとして、許可しない方針だ=3日、静岡県伊東市十足(三枝玄太郎撮影)
  • 大規模な太陽光発電所が計画されている山林。佃弘巳前市長が退任後も特別顧問として市に残り、業者を静岡県の担当幹部に面会させたことが明らかになっている=3日、静岡県伊東市十足(三枝玄太郎撮影)
  • LAホールディングスが運営予定の太陽光発電所の予定地。無断伐採が明るみになり、この数十倍の規模がある伊豆高原メガソーラーパークが完成したときの八幡野漁港への悪影響を心配する声もある=今年6月、静岡県伊東市八幡野(アトリエロッキー空撮事業部撮影、提供)
  • 日本グリーン合同会社が建設予定の大規模太陽光発電所計画地=7月23日、静岡県伊東市宇佐美(三枝玄太郎撮影)
  • 日本グリーン合同会社が建設を計画している大規模太陽光発電所予定地。もとは産業廃棄物処分場の予定地だった=7月23日、静岡県伊東市宇佐美(三枝玄太郎撮影)
  • 経済産業省の新エネルギー課長に陳情する中田次城・静岡県議(右から2人目)=8月22日、東京都千代田区の経済産業省(三枝玄太郎撮影)