PR

ニュース 社会

自宅に男性遺体放置疑い 大阪の55歳女逮捕、兄か

 大阪府警大淀署は23日、死亡した男性の遺体を自宅に約1カ月放置したとして、死体遺棄容疑で大阪市北区本庄東3丁目、無職、北畑順子容疑者(55)を逮捕した。22日夜に「亡くなった兄の遺体を放置している」と交番に自首した。署は死因や身元を調べている。

 逮捕容疑は4月中旬ごろ、同市の集合住宅の一室で男性の遺体を放置し、遺棄した疑い。

 署によると、北畑容疑者は兄と2人暮らし。「4月12日ごろ、兄が部屋から出てこないのでのぞくと、首をつって死んでいた。ショックを受けている間に日がたってしまった」と話している。

 警察官が現場に駆け付けると、遺体はマットレスに寝かされた状態で、上からバスタオルや新聞紙が掛けられていた。腐敗が進んでいたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ