PR

ニュース 社会

ストーカー改正法が成立 GPS機器、アプリ規制 8月にも全面施行

 衛星利用測位システム(GPS)機器や居場所が分かるスマートフォンアプリの悪用を禁じた改正ストーカー規制法が18日、衆院本会議で可決、成立した。デジタル機器やインターネットを使い巧妙化する手口の摘発が強化される。改正は3回目で、8月にも全面施行の見通し。

 警察庁によると、GPS機器は、相手の承諾なく車や持ち物へ取り付けるだけで違反となる。位置情報の取得は居場所が分かるスマホのアプリも対象にした。

 被害者の住居や勤務先を主な規制場所としていた見張りや押し掛け行為は、会員制交流サイト(SNS)の書き込みなどから動向が特定されるケースが相次いだため、被害者の行動先にも拡大。他に、手紙など文書の連続的な送り付けもメールと同様に規制する。

 禁止命令は、書類交付が必要だったが、受領拒否や住居に帰らないストーカーもいることから、郵送や都道府県公安委員会の掲示板張り出しなどでも有効とした。罰則は最大で懲役2年以下または200万円以下の罰金。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ