PR

ニュース 社会

市アプリに不正アクセス 茨城・守谷、個人情報参照か

 茨城県守谷市は18日、市からの生活情報が受け取れるスマートフォン用アプリのシステムへの不正アクセスを確認し、計399件のユーザー情報を参照された可能性があると発表した。このうち氏名や生年月日、電話番号など個人情報を含むものが219件あった。

 市によると、不正アクセスは昨年11月8日~12月25日に計181回に及んだ。悪用などの二次被害は確認されていない。

 今年2月、アプリのシステム設定に不備があり、外部から不正にアクセスできる状態になっていたことが判明。運用を委託した岡山市の情報関連会社「両備システムズ」が調査していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ