PR

ニュース 社会

「2人で死のう」誘拐容疑で23歳男を再逮捕 丹波・少女遺体遺棄

 兵庫県丹波市の林道に同県内在住の中学2年の少女(13)の遺体が遺棄された事件で、兵庫県警捜査1課と丹波署は16日、わいせつ目的誘拐の疑いで、住所不定、無職の西田裕一容疑者(23)を再逮捕した。容疑を認めた上で「2人で死のうと誘った」と供述している。

 再逮捕容疑は5日午前6時20分ごろ、わいせつ行為をする目的で少女を車に乗せ、誘拐したとしている。

 県警によると、西田容疑者は、少女を車に乗せてから20時間以上が過ぎた翌6日午前3時ごろ、丹波署管内の交番に出頭。容疑者の説明に基づき、県警がゴルフ場から続く林道を捜索したところ、少女の遺体が見つかった。県警は同日、死体遺棄容疑で西田容疑者を逮捕し、事件の詳しい経緯を調べていた。

 これまでの県警の調べに対し、西田容疑者は「(少女とは)SNSで知り合った」「一緒に自殺しようと考え、車の中で練炭を燃やしたが死にきれなかった」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ