PR

ニュース 社会

乳児を殺害の疑い、19歳母親と知人の男を再逮捕 神奈川県警

神奈川県警=横浜市
神奈川県警=横浜市

 神奈川県秦野市の住宅で生後5カ月の女児の遺体が放置されているのがみつかった事件で、県警は14日、女児を殺害したとして、殺人の疑いで、無職の母親(19)と、知人の会社員、神原巧容疑者(26)を再逮捕した。母親は容疑を認め、神原容疑者は否認している。

 2人の再逮捕容疑は、4月24日午前4時ごろ、母親の住む開成町の住宅内で、女児の鼻、口をふさぐなどして殺害したとしている。

 県警によると、殺害を実行したのは母親で、神原容疑者はその場にいなかったものの、事前に母親が犯行に及ぶことを知っていたとみられている。

 県警は女児の遺体を放置したとして、4月25日に死体遺棄容疑で2人を逮捕。同日未明、秦野市にある神原容疑者の自宅から、プラスチックケースに入れられた女児の遺体がみつかっていた。県警は2人の関係性についても、引き続き詳しく調べる方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ