PR

ニュース 社会

保証人の奨学金過払い訴訟、機構に返還命じる初判断 札幌地裁

 日本学生支援機構の奨学金制度で保証人などになった北海道の男女2人が、機構側の不十分な説明により義務のない返済金を支払ったとして、過払い分の返還と慰謝料を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(高木勝己裁判長)は13日、機構に計約140万円の返還を命じた。保証人が機構に過払い分返還を求めた訴訟の判決は初。慰謝料の請求は退けた。

 原告は保証人だった元高校教諭の男性(75)と保証人の遺族の主婦(68)。判決などによると、保証人は民法の「分別の利益」により、連帯保証人を含んだ人数で割った分しか返済義務がない。原告らは半分しか肩代わりする義務がなかったが、機構の請求などを受け負担分以上の金額を支払った。

 機構は訴訟で、自ら適用を主張しなければ分別の利益は受けられないと訴えたが、判決理由で高木裁判長は主張は必要ないとして退けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ