PR

ニュース 社会

スポーツタイプ数台押収 現場まで自転車で移動か 茨城一家殺傷 

夫婦が死亡しているのが見つかった住宅=2019年9月、茨城県境町
夫婦が死亡しているのが見つかった住宅=2019年9月、茨城県境町

 茨城県境町の一家殺傷事件で、会社員の小林光則さん=当時(48)=と、妻のパート従業員、美和さん=同(50)=を殺害した疑いで逮捕された埼玉県三郷市の無職、岡庭由征(おかにわ・よしゆき)容疑者(26)の自宅から、スポーツタイプの自転車複数台が押収されていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。茨城県警は容疑者が現場への移動に自転車を使った可能性が高いとみて調べている。

 岡庭容疑者の自宅から小林さん宅までの距離は約30キロ。捜査関係者によると、岡庭容疑者は運転免許がなく、普段は自転車で外出をし、時には千葉県内まで向かうこともあったという。

 逮捕容疑は、令和元年9月23日午前0時40分ごろ、小林さんと美和さんの胸と首などを刃物で複数回刺し、失血死させたとしている。県警は容疑者の認否を明らかにしていない。

 子供部屋にいた長男(14)は両足や両腕を刺され、次女(13)も催涙スプレーを両手にかけられる軽傷を負った。1階にいた長女(22)は無事だった。

 県警は子供たちに対する殺人未遂と傷害の両容疑でも捜査を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ