PR

ニュース 社会

津波に強い港湾 大震災教訓に対策強化 国交省

 国土交通省は、津波に強い港湾づくりに向けた新たな対策をまとめた。東日本大震災では、津波に流された大型船が岸壁を破壊したり、陸に乗り上げて復旧を妨げたりした。この教訓を踏まえ、船が沖合に避難しやすくする仕組みや護岸の改良強化などに取り組む。今後、全国の主要な港で順次対策を進める方針だ。

 新たな対策によると、津波発生時、大型船舶は港を出て洋上に避難する「沖合退避」を原則とする。通常は船首を陸側に向けて係留することが多いが、速やかな退避を図るため、平時から船首を沖側に向けて係留するよう促す。

 津波到達までの時間が短く、沖合に逃がす余裕がない場合に備え、船が津波で流されないよう港湾施設を強化する。具体策として、船を係留する柱の強度向上や、波の威力を抑える防波堤のかさ上げなどを挙げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ