PR

ニュース 社会

大津園児死傷事故から2年 現場では手を合わせる人も

事故のあった現場で手を合わせる子供連れ=8日午前、大津市
事故のあった現場で手を合わせる子供連れ=8日午前、大津市

 大津市の県道交差点で車2台が衝突し、1台が弾みで散歩中の保育園児らの列に突っ込み16人が死傷した事故から8日で2年となった。滋賀県や市は保育施設に近い道路などの安全対策工事を3月までに完了。県警は希望する保育施設に園児の安全な散歩を指導するなど、ハードとソフト両面で再発防止に向けた取り組みが進む。

 8日午前、花やお菓子が供えられた事故現場では、手を合わせる子供連れの姿も。散歩で近くをよく通るという大津市の主婦(44)は「依然としてスピードを出す車が多い。ドライバーは事故を自分のこととして考えてほしい」と話した。

 市は事故を受け、令和元年度に安全対策費約9億円を盛り込んだ補正予算を組んだほか、昨年1月には、散歩コースの定期点検に基づく対策推進などを盛り込んだ骨子案をまとめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ