PR

ニュース 社会

「紀州のドン・ファン」殺害、逮捕1週間 間接証拠の積み上げ焦点 

その他の写真を見る(1/4枚)

 「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=に覚醒剤を摂取させ、殺害したとして殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで元妻、須藤早貴(さき)容疑者(25)が逮捕されてから5日で1週間。須藤容疑者は関与を認めていないとみられるが、殺害方法について事前に検索するなど、計画的犯行の疑いも浮かんできた。和歌山県警は過去の殺人事件も参考に、状況証拠の積み上げによって立証していく構えだ。

計画性強まる

 捜査の焦点の一つは覚醒剤だ。野崎さんは平成30年5月24日夜に自宅で急死。解剖の結果、死亡推定時刻は午後9時ごろで、体内から致死量を超える覚醒剤成分が検出された。

 県警は野崎さんが生前、覚醒剤と関わりがなかったことを確認したうえで、須藤容疑者の身辺を捜査。その結果、事件前に田辺市内で密売人と接触していたことが判明。容疑者自身が覚醒剤を使った形跡もないことから、犯行のために覚醒剤を入手したとみている。

 野崎さんが死亡直前、須藤容疑者と2人きりで夕食を取っていたことも、防犯カメラの映像や野崎さん宅の家政婦の証言などから判明。県警は解剖結果などから、野崎さんが夕食前後に覚醒剤を摂取させられた疑いが強いとみており、それが可能だったのは須藤容疑者だけと絞り込んだ。

 また、県警は須藤容疑者が事件前に、薬物入手や殺害の方法をスマートフォンで検索、関連サイトにアクセスした形跡があったことも確認。容疑者の犯行を示す証拠の一つとみている。

詐欺罪でも告発

 動機面も重要なポイントだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ