PR

ニュース 社会

核ごみ調査、議事録開示を 反対派の住民提訴、北海道寿都町

 原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた第1段階の文献調査が進む北海道寿都(すっつ)町の住民が30日、議会に情報公開請求した議事録が非開示決定になったのは町条例に違反するとして、町に決定取り消しを求めて函館地裁に訴えを起こした。

 提訴したのは調査反対派の2人。訴状によると、片岡春雄町長が「町民に伺いを立てて文献調査の勉強会をするとかえって面倒」と発言したとされる昨年8月の町議会全員協議会の議事録を開示請求したが「議会においては非公開と取り決めされている」などと非開示になった。町民の知る権利を保障した町条例に違反していると訴えている。

 寿都町の担当者は「訴状が届いておらず、何もコメントできない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ