PR

ニュース 社会

大阪・サウナ問題 池田市長の告発状を提出

27日の臨時市議会で不信任決議案が否決され取材に応じた冨田裕樹市長=大阪府池田市の池田市役所
27日の臨時市議会で不信任決議案が否決され取材に応じた冨田裕樹市長=大阪府池田市の池田市役所

 庁舎内への私物のサウナの持ち込みなどをめぐる問題で、大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が、市議会調査特別委員会(百条委員会)の証人喚問で虚偽の証言をしたとして、市議会は28日、地方自治法違反罪で冨田氏に対する告発状を大阪地検に提出した。

 市議会によると、昨年10月のサウナ問題発覚後に冨田氏の指示で副市長と市職員、支援者男性の3人が集まったことに関してや、市から貸与されていた駐車場の無料定期券の扱いについて、冨田氏が百条委の証人喚問で虚偽の陳述をしたとしている。

 冨田氏は26日に記者会見を開き、辞意を表明。翌27日、市議会は冨田氏を刑事告発する議案を可決した。

 冨田氏は平成31年4月の市長選で大阪維新の会の公認候補として初当選。サウナ問題発覚後の昨年11月に離党した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ