PR

ニュース 社会

高速道路で高齢女性保護、ドライバーらに感謝状 埼玉県警

埼玉県警高速隊の小野沢正和隊長から感謝状を受け取る廿楽イサオさん=27日午前、埼玉県所沢市(深津響撮影)
埼玉県警高速隊の小野沢正和隊長から感謝状を受け取る廿楽イサオさん=27日午前、埼玉県所沢市(深津響撮影)

 埼玉県警高速隊は27日、同県吉川市の常磐自動車道で乗用車を運転中、歩行が禁じられている路肩を歩いていた女性(77)を見つけて保護したとして、東京都小平市の自営業、廿楽(つづら)イサオさん(57)と、同乗者でさいたま市の団体職員、大和田美奈子さん(53)に感謝状を贈った。

 高速隊によると、2人は11日夕、三郷料金所近くの路肩を女性が歩いているのを見つけ、車を止めて車内に保護し、110番通報した。女性は約700メートル離れた三郷スマートインターチェンジ(IC)から誤って高速道路に入ったとみられる。けがはなかった。

 大和田さんが「ここは歩行者が歩いたらだめだから一緒に出よう」と促したのに対し、女性は「もうちょっと歩いたら家だから」と聞き入れなかったが、粘り強く説得を重ねたという。

 廿楽さんは「あのままだったら女性も大変なことになっていた。事故を防ぐことができてよかった」。大和田さんは「『どうしよう』と思ったが、そのままにするわけにはいかなかった」と振り返った。

 高速隊の小野沢正和隊長は「勇気をもって高齢者を保護してもらい、大変感謝している」と話した。(深津響)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ