PR

ニュース 社会

時速270キロで暴走 大型バイク運転の男2人を書類送検

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

 大阪市住之江区の「大阪港咲洲(さきしま)トンネル」内を時速250キロ前後で暴走し、重傷事故を起こしたなどとして、大阪府警住之江署は20日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑で、それぞれ大型バイクを運転していた男性会社員(22)と男性工員(21)=いずれも大阪府東大阪市=を書類送検した。同署への取材で分かった。

 同署によると、2人は知人で、ほかの仲間らとツーリング中だったという。会社員は「スピードを出して快感を得たかった」と容疑を認め、工員は「トイレに行きたくて加速した。進行制御できていたので暴走はしていない」と容疑を一部否認しているという。

 書類送検容疑は昨年5月23日夜、トンネル内で会社員が約270キロ、工員が約230キロで大型バイクを運転。会社員が工員を追い抜こうとした際に接触し、2人とも転倒。それぞれ足や腕を骨折するなどの重傷を負わせたとしている。

 同署が事故原因を調べる中で、周辺の監視カメラの分析結果から、制限速度が時速50キロのトンネル内での速度超過が発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ