PR

ニュース 社会

米中西部インディアナ州で銃乱射、8人死亡

銃撃事件があり、緊急車両の警告灯が光る現場付近の画像=16日、米インディアナポリス(WRTV提供・AP=共同)
銃撃事件があり、緊急車両の警告灯が光る現場付近の画像=16日、米インディアナポリス(WRTV提供・AP=共同)

 【ニューヨーク=平田雄介】米中西部インディアナ州インディアナポリスにある米物流大手フェデックスの施設で15日夜、元従業員の男が銃を乱射し、8人が死亡、数人が負傷した。

 地元警察によると、男はブランドン・ホール容疑者(19)。家族が昨年、暴力行為に及ぶ恐れがあると通報し、連邦捜査局(FBI)が本人を聴取していた。その際、犯罪行為は確認されなかったという。

 米国では各地で銃撃事件が相次ぎ、3月に南部ジョージア州アトランタと近郊で計8人、西部コロラド州ボールダーで10人、今月7日には南部サウスカロライナ州ロックヒル近郊で6人が死亡した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ