PR

ニュース 社会

「音楽室戻れない」叱責され中2飛び降り、宝塚市が調査報告

調査報告書公表を受け、記者会見する宝塚市教育委員会の幹部ら=兵庫県宝塚市
調査報告書公表を受け、記者会見する宝塚市教育委員会の幹部ら=兵庫県宝塚市

 兵庫県宝塚市の市立中で令和元年6月、当時2年の女子生徒が校舎4階から転落して重傷を負った事故をめぐり、同市は15日、吹奏楽部でトライアングルを担当していた生徒が顧問だった男性教諭(31)から「廊下で100回たたいてこい」と叱責され、突発的に飛び降りたとする調査報告書を公表した。

 報告書によると、女子生徒は音楽室で合奏の練習をしていたが、音が一定していないとして教諭から「出て行け」と退室を命じられた。教諭は普段から強圧的な指導をしており、恐怖感を抱いていた生徒は「音楽室に戻れない」と感じ、校舎4階から飛び降りた。生徒は重傷を負ったが、駆け付けた教諭に「ごめんなさい」と何度も謝った。

 報告書は「また叱責されるに違いないという心理的苦痛、絶望と無力感から、逃げ道として突発的に飛び降りた」と結論付けた。

 市教委によると、事故後、教諭は病気を理由に長期休暇を取り、昨年4月に別の市立中で復職。同年6月、県教委が停職1カ月の懲戒処分とした。

 報告書公表を受け、生徒の母親は15日、「教諭が軽い処分ですぐ復職し、強い憤りを感じた」とする手記を公表。教諭からはまだ謝罪がないといい、「市教委の対応は表面だけ取りつくろっている」と批判した。

 市教委は同日開いた会見で「謝罪のあり方について丁寧に話し合いをしていきたい」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ