PR

ニュース 社会

国会召集訴訟請求退ける 岡山地裁、安倍内閣時

 安倍前内閣が平成29年、野党側が要求した臨時国会の召集に約3カ月応じなかったのは、国会議員の要求による召集の決定を内閣に義務付ける憲法53条に違反するとして、高井崇志衆院議員=無所属、比例中国=が国に110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁(野上あや裁判長)は13日、請求を退けた。違憲と判断しなかった。

 同種訴訟の判決は昨年6月の那覇地裁、先月の東京地裁に続き3例目。那覇、東京両地裁はいずれも議員個人の賠償請求権を否定し、請求を退け、違憲かどうかを判断しなかった。

 高井氏ら野党側議員は森友、加計学園問題を追及するため29年6月22日に臨時国会の召集を要求。内閣は98日後の9月28日に召集し、冒頭で衆院を解散した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ