PR

ニュース 社会

携帯番号開示、2審も命じる ツイッター成り済まし訴訟

東京高裁が入る建物(今野顕撮影)
東京高裁が入る建物(今野顕撮影)

 何者かが自分に成り済ましてツイッターのアカウントを開設したとして、神奈川県内の未成年の男性が、開設に使われた携帯電話番号の開示をツイッター社に求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は8日、開示を命じた1審東京地裁判決を支持し、ツイッター社の控訴を棄却した。

 定塚誠裁判長は、アカウントの開設者が、男性の顔写真を添付して投稿しているとし「顔写真の使用は不当な目的であり、悪質だ。男性の肖像権を違法に侵害した」と述べた。

 ツイッター社側は「発信者情報の開示範囲に電話番号は含まれない」と主張したが、判決は、氏名や住所の情報がなく、携帯番号のみを保有している場合「電話番号を開示請求の対象から除外する理由はない」と退けた。

 1審同様、携帯電話の番号を使ってやりとりするショートメッセージサービス(SMS)のアドレスとして、番号を開示すべきだとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ