PR

ニュース 社会

横浜の違法カジノ店を摘発 容疑の男女3人を逮捕

 6日午前10時10分ごろ、横浜市中区福富町の雑居ビル内にあるカジノ賭博店で、男女3人が客の男性1人にトランプを使って賭博をさせているのを、店内に踏み込んだ神奈川県警生活保安課の捜査員が発見。賭博開帳図利の疑いで3人を現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、自称横浜市南区南吉田町のカジノ賭博店責任者、甲斐伸也容疑者(46)と、同店従業員の男女2人。いずれも容疑を認めている。

 同課によると、摘発された違法カジノ店は「クローバー」という店名で24時間年中無休営業で、店の内外には客を確認するための監視カメラが計17台設置されていた。同課は同日、店内からバカラ台やパチスロ台、現金約6千万円などを押収。甲斐容疑者は取り調べに対し、「一昨年の12月ごろから営業していた」などと供述しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ