PR

ニュース 社会

レッスン楽曲使用料訴訟、音楽教室側も上告

最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)
最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)

 ヤマハなどの音楽教室が、レッスンでの楽曲演奏に著作権使用料を徴収するのは不当だとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り、徴収権限がないことの確認を求めた訴訟で、教室側は1日、請求の大半を退けた知財高裁判決を不服として、最高裁に上告受理を申し立てた。JASRAC側も3月31日に上告している。

 3月18日の知財高裁判決は、教師と生徒の演奏を分けて検討し、「生徒の演奏は徴収対象にならない」とした。一方、教室の管理下にある教師の演奏については、1審同様、著作権使用料の徴収対象とした。

 教室側は「レッスンの実態に即した内容ではなく、納得できない」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ