PR

ニュース 社会

【IR汚職 秋元被告初公判】(1)「陣中見舞いの事実ない」全面無罪主張

衆院議員、秋元司被告
衆院議員、秋元司被告

 《カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄などの罪に問われた衆院議員、秋元司被告(49)らの初公判が29日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)で開かれた》

 《秋元被告は保釈中に汚職事件の偽証を依頼した証人買収事件を含め、これまで4度にわたり逮捕、起訴されている。すでに贈賄側や支援者らは全員有罪が確定しており、秋元被告が法廷でどんな主張を展開するのかが注目される》

 《開廷時刻の午後1時半前に法廷に姿を現した秋元被告は、ノーネクタイのスーツ姿。マスクは鼻全体が見えるほど浅く着用しており、胸に議員バッジはなかった。以前は黒々としていた頭髪はほぼ全体が真っ白になっており、収監前と大きく印象が変わっていた》

 裁判長「名前は」

 秋元被告「秋元司です」

 裁判長「職業は」

 秋元被告「衆院議員です」

 《被告人席に戻った秋元被告は、弁護人からメモを受け取った。この後の罪状認否で話す内容が記されているのだろうか。検察官が5分ほどかけて起訴内容を読み上げる間、秋元被告は検察官の方を見ながら、小刻みにうなずくように何度も頭を動かした。裁判長から再び証言台に立つよう促されると、小さく手をあげて立ち上がった》

 秋元被告「申し上げます。まず、今回の疑惑は己の不徳で、課せられた職責を十分に果たせないことは申し訳ありません。支援してくれた松浦(大助)氏、淡路(明人)氏、関係の方に罪を負わせてしまったことは申し訳ありません。しかし、起訴された事件はすべて無罪です」

 《罪状認否を、今回の事件に関わった自身の支援者への謝罪の言葉から始めた秋元被告。だが、事件そのものについてはひときわ大きく声を張り、無罪を訴えた》

 秋元被告「私の政治理念は、持続可能な国家・地域づくりにあります。常に民間の代表として、机上の空論では駄目で、現場を見て政界に生かしたいと思っていました。経済活性化、雇用の安定、そして福祉という循環を維持していく。政治家の目指すひとつがIRと考えてきました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ