PR

ニュース 社会

座礁船、スエズ運河ふさぐ 愛媛県の正栄汽船が所有 

エジプトのスエズ運河をふさぐコンテナ船「エバーギブン」の衛星写真=23日(PLANET LABS INC提供・AP=共同)
エジプトのスエズ運河をふさぐコンテナ船「エバーギブン」の衛星写真=23日(PLANET LABS INC提供・AP=共同)

 【カイロ=佐藤貴生】エジプト北東部のスエズ運河で23日、大型のコンテナ船が座礁して運河をふさぎ、多くの船が航行不能になった。強風や砂嵐が原因とみられ、管理当局はタグボートなどを使って復旧作業を試みている。コンテナ船は全長約400メートル、幅約60メートルの「エバーギブン」で、愛媛県今治市の船舶会社「正栄汽船」の所有。中国からオランダ・ロッテルダムに貨物を運搬していた。スエズ運河はアジアと欧州を結ぶ海運の大動脈で、航行の正常化には数日かかるとの見通しもある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ