PR

ニュース 社会

トイレ詰まりで高額請求急増 30日に電話相談

 トイレの詰まりなどで緊急時の駆けつけサービスを利用した際に、業者から高額の料金を請求されるトラブルが東京都内で急増しているとして、都内の3弁護士会(東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会)が合同で、今月30日に無料の電話相談(03・5521・0216、当日のみ)を実施する。受け付けは午前10時~午後4時で、事前予約は不要。

 都消費生活総合センターによると、令和元年度にトイレ修理で高額請求された相談件数は195件だったのに対し、2年度は4~11月だけで362件と急増。相談者は30代以下が156人と4割超を占めている。

 相談者の大半はトイレが詰まった際にインターネットで検索し、「基本料金数百円から」などと格安料金を提示する業者に連絡。作業中に業者から配管の高圧洗浄などを次々と提案され、数十万円を請求された事例もあるという。

 消費者問題に詳しい瀬戸和宏弁護士(東京弁護士会)によると、こうした業者は現金での料金支払いを要求し、「顧客自身の要請で工事を行った」とする書面を取り交わすなど、手口が巧妙化しているという。

 瀬戸弁護士は「夜間など緊急の場合に業者に電話してしまい、言われるままに料金を支払ってしまうケースが目立つ。消費生活センターが仲介に入っても解決に応じない業者もおり、弁護士に相談してほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ