PR

ニュース 社会

学校法人の副大臣接待報道、事務次官同席認める 萩生田文科相

萩生田光一文科相=23日、首相官邸(春名中撮影)
萩生田光一文科相=23日、首相官邸(春名中撮影)

 亀岡偉民(よしたみ)復興副大臣が平成27~令和元年に宮崎県の学校法人から繰り返し接待を受け、藤原誠文科事務次官も官房長当時に複数回同席していた疑いがあると共産党機関紙「しんぶん赤旗」が報じ、萩生田光一文科相は23日の閣議後記者会見で、藤原氏の同席を認めた。その上で、学校法人側が利害関係者に当たるのかどうかを含め、事実確認を進める考えを示した。

 同紙によると、学校法人側は東京都内や宮崎県内で、亀岡氏が文部科学副大臣だった時期を含めて、少なくとも14回にわたって亀岡氏と会食し、計約95万円を支払った。藤原氏は27年と29年に同席したという。

 萩生田氏は事実関係について「(藤原氏は)数年前の夜、亀岡副大臣に呼ばれて赤坂の会合に途中から参加した。同席したのは学校法人の理事長で、会費は招待した亀岡副大臣が負担したとの認識だった」と説明した。

 同省は31年2月に同学校法人に対する約2400万円の補助金交付を決定しており、利害関係者に当たる可能性を問われると、「当時、藤原事務次官は官房長で直接の担当者ではなかった」としたが、現時点での明確な回答は避けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ