PR

ニュース 社会

ポストに弁当空き箱を不法投棄、容疑で英国籍の男を現行犯逮捕

 神奈川県警鎌倉署は22日、郵便ポストに食べ終えた弁当の空き容器などを捨てたとして、廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で、イギリス国籍のタナカ・アントニー容疑者(37)=同県鎌倉市極楽寺=を現行犯逮捕した。「ごみ箱だと思った」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は22日午後2時20分ごろ、鎌倉市役所敷地内の郵便ポストに弁当の空き容器や割り箸、ペットボトルのふたを捨てたとしている。

 同署によると、昨年12月から今月17日までに、市内でポストに弁当の空き容器などが捨てられる事件が7件発生。うち3件が市役所敷地内のポストだったため、警察官が周辺を警戒していたところ、タナカ容疑者が捨てるところを見つけ逮捕した。

 同署はほかの7件もタナカ容疑者が関与したとみて調べるとともに、容器を捨てたことで郵便物が汚れたことから、郵便法違反の疑いでも調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ