PR

ニュース 社会

「プロデューサーからセクハラ」愛内里菜さん、元所属事務所を提訴 大阪地裁

愛内里菜さん
愛内里菜さん

 芸能プロデューサーによる度重なるセクハラで精神的な苦痛を受けたとして、「愛内里菜」の芸名で歌手として活躍した40代女性が元所属事務所「ギザアーティスト」(大阪市)を相手取り、慰謝料など計1千万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが18日、分かった。この日の第1回口頭弁論で事務所側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 代理人弁護士への取材などによると、女性は事務所側と専属契約を結び、平成11年5月から22年12月まで、「愛内里菜」の芸名で歌手活動をしていた。この間、創業者の男性役員から性的な行為に応じるよう繰り返し求められ、頻繁に無理やり体を触られるなどした。ストレスで過呼吸になったり、じんましんが出たりすることもあったという。

 男性役員は、芸能プロデューサーとして女性の歌手活動全般を取り仕切っており、女性に対し優位な立場にあった。女性は、男性役員による一連の行為がセクハラやパワハラに当たると指摘。事務所側が必要な措置を取らず、専属契約を結ぶアーティストへの安全配慮義務を怠ったと主張している。

 事務所側は「社内で事実関係を調査した結果、ご主張されているような事実はありませんでした。今後この件に関しては訴訟の場で述べさせていただく」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ